HOME > 治療院ブログ > アーカイブ > 2018年6月

治療院ブログ 2018年6月

ワールドカップ観てますか?

 6月14日(木)にFIFAワールドカップロシア大会が開催されました。
4年に1度のサッカーの祭典に胸を躍らせ、興奮し、眠れない日を過される
方々が多いと思います。

 私もその一人です!!

 ブログだから言えることですが…朝はとてつもなく眠いですsweat01
 
 通勤中、電車の中で立ったまま寝ていますsleepy
そこまでして観たいのがワールドカップ、、、もはや魔力ですな。

 そんなワールドカップに感化され、すぐにサッカーを始めようとするそこの
あなた!!
準備体操、ウォーミングアップをしっかりやらないと痛い目見ますよ!!

 今回はそんなサッカーで怪我しやすいものを紹介します。

1 足首の捻挫
   これが一番多いけがですね。
  普段運動していない方が、いきなりダッシュやジャンプをして
  足首をグギッと、、、

2 膝の負傷
   膝は靭帯の損傷が起こるところで、大きい怪我に繋がる部位です。
  恐ろしや、、、

3 ハムストリングの肉離れ
   「ハムストリング」とは太ももの裏の事です。
  ハムストリングも急なダッシュの際に、伸びきって起こるものです。


 これらの怪我をしないためにサッカーを楽しみましょうshine

                             さくら整骨院 石塚



テクトロン筋トレと鍼灸治療で空手選手権優勝。

極真空手大宮・宮原道場のホスロ・ヤグビ師範が6月2・3日大阪にて空手道選手権試合に出場しました。

専属治療院である関野接骨院では、2ヶ月前よりコンディショニングメニューを作り師範の治療に当たりました。


2ヶ月前の体調は連日のハードトレーニングの為、疲れもたまり膝、肘、足首などの可動域が小さくスピード感が

失われている様でしたので、最初に鍼治療で全身疲労を取りながら各関節の痛みの鎮痛効果を計りました。その後高周波EMS治療器

テクトロンで痛めている関節に関連する筋肉強化と柔軟力UPを徹底的に行い、最後に整体術で関節可動域を広げました。

このメニューで週に2回~3回の治療を行いました。

結果更なるハードトレーニングでも極度の疲労を感じず、痛みもなくスピード感も日ごとに高まって行きました。


試合前日は戦う気力も100パーセントに上がり、試合当日は落ち着いて相手攻撃が見え終始試合の主導権を握り
優勝を果たす事が出来ました。

自然治癒力を向上させる鍼灸治療と筋肉の柔軟性を高めながら量を増やすテクトロン療法のコラボでの相乗効果を
確認する事ができた症例です。

今後も当院では様々なスポーツ選手のコンディショニングケアのお手伝いをさせて行きたいと思います。






テクトロン治療と鍼灸治療の併用で見事空手道選手権試合に優勝したホスロ師範です。

1

« 2018年5月 | メインページ | アーカイブ | 2018年7月 »

このページのトップへ