HOME > 治療院ブログ > 6ページ目

治療院ブログ 6ページ目

寒い日、暑い日

真冬ですね。
寒中、または暑中。極端に寒い日、暑い日は体調を崩しやすいですね。

寒いと体が動かなくて思わぬ怪我をすることも多いです。

ところで年末年始で交通事故にあってしまった。救急車で運ばれたけどだいぶ良くなった。そんな方いらっしゃいませんか?

救急病院は命のやり取りをするところです。命に心配がなければ交通事故の治療は当院で受けられます。

当院では”しっかり卒業する”ということを目標に、体の事だけではなく、事故の賠償について真面目に考えております。

「色々悩んでるんだよな~」という方がいらしたらご相談してください(^^)

猫背→インナーマッスルアップで改善

骨盤がゆがんでいる!足の長さが左右で違う!ストレートネック!
なんて言われた。こんな話をよく聞きます。

これはどういうことなんでしょう?

以前は医学的に病気がなければ治療する必要はないし、だからどうしたの?という考え方でした。

しかし、レントゲン等検査で異常がないのに体調が悪い!こんなことはよくあります。その原因の一つがこの”姿勢”と私たちは考えます。

姿勢に関する体への影響の詳しい話は今後このブログで書かせていただこうと思います。

さくら整骨院ではこの姿勢に対するひとつの改善方法として「インナーマッスルトレーニング(寝たまま筋トレ)」を行っております。

読んで字のごとく患者様は寝ているだけでインナーマッスルが向上します。高齢者の方においては転倒予防。部活をされている中高生においては体幹力アップ、ブレない体ができます。これによってスポーツの成績向上、結果が出ます。

一度ご相談されてみてください。

さくら整骨院 院長 関野




真冬のさくら

朝早起き出来た日には、決まって自宅近くの桜並木のある公園に行きます。

春、さくら満開のシーズンでは多くの花見客で賑わいますが、一番寒いこの季節

朝5時でもまだ真っ暗で誰一人いません。

そこでストレッチ、軽い体操、空手の型、等を行います。次第に身体が温まって来たら

桜の大木に両手を近づけます。

東洋医学の考えでは、自然界全ての生物に ”気” が流れお互いに循環し合っている。との考えがあります。

しばらく手を当てていると桜の木から「私の溜めたパワーを受け取りなさい。」と言わんばかりに

私の左手からピリピリ、ぽかぽかとした桜の ”気” が伝わってきます。有難くその気を体内に巡らせ

その後「春になったら綺麗に花を咲かせ、人々を感動させて下さいね。」との想いを込め

右手から温かく清らかな“気” を大木にお返します。

これを5分程続けると桜と自分のエネルギーが循環し、心身共にパワーが高まるのが実感できます。

人間は自然界との共存共栄で生きてゆけるのですね。

自然界から頂いた “元気” は御縁のある患者様への治療の際も、還元・循環する様に心掛けております。





私は真冬のこの時期の桜が一番好きです。

花を咲かせていないただの太い木にしか見えないかもしれませんが

開花を前に、静かに、じっくりと地球のエネルギーを蓄えている桜の姿は実に雄大です。










石和温泉(いさわおんせん)へ

代表の関野です。
8日の日曜日は石和温泉へ行ってきました。のんびりと温泉旅行だったらよかったのですが・・・お勉強でした(泣)

””12日間集中ダイエット””において使用するスムージー等のメーカー本社での勉強会です。

特急に乗って遠路はるばる(山梨の方ごめんなさい)行った甲斐がありました(^^)

何って?それは商品パワーですね。それと本社会長のパワー。それとこのプログラムを通して得た仲間の皆様。これらを再確認しました。
こちらの商品は元々会長さんが「自分が使うから最高の物を!!」ということをまず考えて製品化されています。
これは大手企業ではまず間違いなくマネできないことだと思います。

実り多い一日でした。ただ・・・帰り山梨は雪でしたが・・・





























































寒いのにポケットに信玄餅アイスクレープ入っています(^^)





診療始まりました!!(^^)

本日よりさくら整骨院は平常通り診療致しています。
午前中の診療ですが、年末年始でお怪我された方がいらっしゃらなくて本当に良かったです。
(昨日私の知人が「転んで腰を痛くした」と連絡が入り明日来院予定ですが・・・)

インフルエンザ、ノロウィルスに感染された方もとりあえず本日来院された方にはいらっしゃらなかったですが・・・

当院では次亜塩素酸水でウィルス対策しております。

やっぱり健康一番!!

代表 関野





伝える事。

新年明けましておめでとうございます。

初めまして、せきのはりきゅう接骨院の鍼灸師、百生 陽純(ももせ はるよし)と申します。

2017年、1月、百生のブログは私の友人のお話をさせて頂きます。

友人の名前はのりさん(現在55歳の男性)、長野県は志賀高原に住み、日本伝統芸能の舞台に上がる仕事をしております。

数年前に丘の上に小さな一軒屋の別宅を購入しました。まだ誰も住んではいないのですがとにかくその小さな家と庭が気に入ったとの事です。

ある日、この家の地元町内会の人からのりさんに相談の電話が入りました。「地元の不良中学生数人が、しょっちゅうあなたのおたくの家の裏の辺りで

タバコを吸っているんですよ、通学路の途中なんだろうね、火事にでもなったら適わんのであなたの家の壁に “タバコ厳禁“ 等の張り紙を貼っても

よろしいかね?」 友人ののりさんは承諾しました。

数週間後、再度町内会の方から電話が入り「やっぱりダメですわ、”タバコを吸うな”とか”火事になるぞ”とか脅し文句を書いて貼るんですが

一向にタバコの吸い殻おちてますわ、何とかならんですかね?」と相談を受けたのりさん、「私が張り紙の文面を考えてみましょう。」と答えました。

子供達が張り紙を見てタバコを止めるには? のりさん何日も考え抜いたそうです。

そしてある一言を紙に書き貼り出した所、それ以来一度も吸い殻が落ちている事が無くなったそうです。

その一言とは、『人のために生きる。』と書かれた文字でした。

この一言、若者だけに向けた押さえつけの言い回しでは無く、"まあ、お互いに一緒に考えてみようや"と、自分自身に対しても

投げかけたメッセージだった様です。

その文字を見た学生達、自分の起こしている行動全てが、他人との関わりを持っていると感じたのでしょうか?

それぞれが一体何を感じたのか分かりませんが、その後その場所でタバコを吸う事は無くなりました。


私は日々老若男女の患者様と出会い鍼灸治療に当たっております。

その日の患者様の立場を考え、お伝えしたい事、お伝えしなければならない事を考え、相手の腑に落ちる言葉を選び伝えていく大切さを

改めて痛感しました。相手の身体が治まる言葉を投げかける事はとても大切な医療行為だと思っております。


本年度もせきのはりきゅう接骨院を宜しくお願い致します。









新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

皆様除夜の鐘はお聞きになりましたか?昨今は除夜の鐘さえ「うるさい!」と言われる時代ですね。
ご近所のお気持ちも、わからないワケではないですが・・・

人に厳しくはないでしょうか?

人の幸せを妬むのではなく、共に喜べるような社会にしたいですね。

私(関野)は患者様に対して少々厳しくお話をすることがあります。「うるさい奴だな~」と思われるかもしれません。確信犯です。

患者様は健康に対してきちんと考えている方、全く無頓着な方様々です。
またメディアからの少々ねじ曲がった情報を間に受けてしまった方もいらっしゃいます。

お昔のお医者さんの様に怒鳴りつけたりはしませんが、少しでも患者様の役に立てれば本望です。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

代表 関野


年の瀬

年の瀬ですね。
代表の関野です。

私にとって今年の漢字は”変”です。(変化です。変人ではありませんよ)
一年を振り返り今年はとても大きな一年でした。私がこの業界に入り30年近く経過しましたがその中でも非常に印象に残る一年でした。

スタッフの入れ替わり、新治療メニュー導入。このホームページも一新しました。
週末ごとに学会、セミナー、研究会等東奔西走でした。お陰で子供が私によそよそしい事(泣)

色々なものも手に入れました。新しい友人や知識、経験。他のものには変えがたいものです。その反面失ったものもあります。寂しい思い、悔しいこと様々です。

全てのものを手に入れるということは不可能です。”変わる”ということは取捨選択してアップグレードするということです。

”健康”においても当てはまります。
自分が気がつかないうちに悪い習慣をしていたり、やっちゃいけない、やらなきゃいけないのにできないでいる。

もし今、「ドキッ」とした方はいいチャンスでね。
人は必ず”変”われます。

健康ワンポイントアドバイス!
毎日散歩をする目的で10分間散歩をしましょう!


多くの方が”○○のついで”で歩いています。集中する、しないでは結果が大きく変わります。
一ヶ月後には300分”5時間”もしっかりウォーキングしたことになりますよ

来年から・・・いや今日から始めましょう(^^)







ホームページをリニューアルしました。

私たちの想いを込めました。今後もよろしくお願い申し上げます。


<<前のページへ123456

アーカイブ

このページのトップへ